ヒコロヒーが売れたきっかけとブレイクのきっかけは?


2021072200041_1.jpg


引用先 https://dot.asahi.com/dot/2021072200041.html

お笑いタレントの
ヒコロヒーさんですが、

ここ最近になってきて
ブレイクしてきたお笑い芸人でありますが、

元々はお笑いの世界に入るつもりはなかった
というのですが、

ただ、M-1グランプリの影響でお笑い好き
が好きだったということでありました。

それが親の要望で近大を受験し合格した
ことがきっかけで、

その後、同大学の落研に入ったことで、

それが縁で大学時代に松竹芸能の
マネージャーにスカウトされた
ことで、

この世界に入ったというのですが、

ヒコロヒーさん自身もお笑いは
好きだけれど芸人にはなりたくない
と思っていたら、

それが気づいたら今のようになった
というのですから、

なんだか不思議な縁で結ばれていたのでは
と自分には思えてなりません。

そうしたこともあって今日に至った
というのですから、

近大に入った当初ですがまさか自分が
今るようになるとはヒコロヒーさん
自身も思ってもいなかったという
ことではないでしょうか。

それで自分でも気になったのは
ヒコロヒー 売れたきっかけで
あったり、

ブレイクできたきっかけが何なのか
ということでその辺について
探ってみました。




ヒコロヒーの売れたきっかけはネタの着眼点であった。

お笑いタレントのヒコロヒーさん
ですが、

ここ最近、急に売れてきた
というのですが、

ヒコロヒーさんといえば
日テレで火曜日の深夜に
放送されているうちガヤ

にも出ているというのは
知られていますが、

それでなぜ売れたのか
そのきっかけが何なのか
というのが自分も気になりましたが、

ヒコロヒーさん自身はこれといって
お笑いに関する大きな賞を取ったことが
ないというのですが、

それで売れているというのも不思議なもの
ですが、

自分ではヒコロヒーさんが売れたのは
これまでのお笑い芸人にはない着眼点
ではないかと思いましたが、


ヒコロヒーさんのネタですが自身で
普段から感じている怒りなどがネタ
となっているというのですが、

こうした普段誰しもが感じている
ことなんてさすがにお笑いのネタ
にはならない
のではと思えるもの
ですが、

そうしたことをネタにしたという
のですから、

その辺がこれまでのお笑い芸人には
ない着眼点というのですが、

そうした普段自分で感じていることを
お笑いのネタにしたというのですから、

これ、自分では物事を自然体で
見ていたからこそできたものでは
と思いましたが、

ヒコロヒーさんが売れたきっかけは
自然体で世間を見ていたということでは
ないでしょうか。





ヒコロヒーがブレイクしたきっかけは東京に出たことだった。

それと自分でも気になったのは
ヒコロヒーさんのブレイクのきっかけ
が何なのかということであります。

元々ヒコロヒーさんですが大阪で
活動していましたが、

それが東京に出てきたというのですが、

この辺については今のお笑いの世界を
表しているのではと自分は思いました。

今活躍しているお笑い芸人の中にも
関西では全くダメだったが、

東京に来てブレイクしたという方も
いますから、

この辺については関西と東京とでの
お笑いに対する考え方の違いなのかな?
とも思いましたが、

逆に言えば東京でブレイクすれば関西でも
人気が出るということなのでしょうか?

それと東京でブレイクできれば一躍全国区
にも名前が知られるということもありますから、

そうしたこともあって今や関西からも東京に
上京してくるお笑い芸人も多いというのですが、

そういう意味でもヒコロヒーさんもそうでしたが、

ヒコロヒーさんも東京に出てきたからはなかなか
売れなかったというのですが、

それが自分なりの着眼点で見つけたネタを
披露したらウケたというのですから、

この辺も関西と東京とのお笑いの違いなのかな?

と自分は思いましたが、

ヒコロヒーさん自身ももしかしたら関西にいるよりは
東京に出た方がいいのではと内心思っていたのでは
と自分は見ていますが、

東京に出たからこそそれなりに結果も出たという
のですから決して悪い方に出ていなかったという
ことではないでしょうか。

まとめ。

お笑いタレントのヒコロヒーさん
ですが、

これまでにお笑いに関する大きな
賞を受賞したということはありませんが、

不思議とブレイクしたというのですから、

この辺については何かしらの運が
働いたのでしょうか?

それとヒコロヒーさんも東京に
出てきて、

売れたというのですからこの辺については
今活躍しているお笑い芸人の方に
似た部分ではないかと自分は思いました。