なぜ?男性は疲れやすいのか?その疲れ実は病気の兆候だった?



OOKPAR564141640_TP_V.jpg



寝ても取れない疲れどうしたらいいのか?と
悩んだことありませんか?

男性の方で40代の男性であればなおさら
そう思っている方も多いのではないでしょうか。

自分も同じ年代の一人としてそういうことを感じていますが、

以外にもその疲れですが病気の兆候でもあるかもしれない
というのですが、

自分でもまさかそんなことはないと思っていましたが
実は男性の疲れについては病気の兆候でもある
というのですが、

疲れの裏にどんな病気が隠れているのか?
病院で診察を受ける際ですがどこを受診すれば
いいのかなどについて調べてみました。



1.男性の疲れが原因で考えられる身近な病気。

  疲れが抜けないという男性の方ですが
  その疲れについては病気でもあると
  考えることもできますが、

  じゃあ疲れが原因で考えられる病気に
  ついては内臓系と精神系に分けることが
  できますがどんな病気があるのかという
  ことについては次のようになります。

1-1.内臓系の病気の種類

   ・腎不全
    
    腎不全ですが疲れとどう関わりがあるかというと、
    lor:#ff0000;">疲れによって腎臓の働きが悪くなりその結果、
    
    老廃物を十分排泄できなくなった末になる病気
    であります。
 
   ・不整脈

    不整脈ですが主に甲状腺であったり、肺に病気
    ある方もなる病気とも言われていますが、

    近年では加齢や体質的なもの、ストレスや睡眠不足、
    疲労等によっても不整脈は起こり易くなったといわれています。



   ・糖尿病

    糖尿病と疲れの関係ですが高血糖や低血糖の時に起きる症状
    ですがその理由は、体が必要とするエネルギー需要に見合って
    いないということで、その結果体が疲れやすくなるということで
    あります。



   ・更年期障害

    以外にも更年期障害も疲れが原因である病気と考えられますが、
    最近になって、男性の更年期障害についても注目されるようになった
    というのですが、更年期障害については男性ホルモンの分泌
    減少が引き起こすことによって体が疲れやすくなるということであります。


1-2.精神系の病気

    精神系の病気として考えられるのはうつ病でありますが、うつ病と疲れが
    関係あるのかというとそれが関係がありますが、
    
    今の時点でうつ病についてはなぜ起きるのか?という点などについては
    解明されていない部分もありますが、

    今の時点でうつ病の原因として考えられることとしては
    
    ・心理的なストレス

    ・脳内の変化

    ・なりやすい体質

    これらの要素が重なったすえにうつ病になると考えられていますが、
    うつ病については対人関係であったり心理的ストレスなどが
    脳の働きのバランスを崩してしまうということになります。

    実際に病院で疲れが取れない、体がだるいということで診察して
    もらったところ実はうつ病であったと診断されたケース
も報告
    されていますし、
    
    うつ病の方ほど疲労感や倦怠感が現れるということも報告されています。


2.診療科目とどんな検査を受けるのか?</ins>
  
  男性の疲れについては病期であるというケースもあります。
  それで病院のどの診療科目を受診すればいいのかということと
  どんな検査を受けるかということについては次のようになります。

  
2-1.更年期障害、うつ病、心身症、急性肝炎など。
    
    これらの病気についてはどこの診療科目かという
    ことですがいろいろあります。

    ・内科
    
    ・心療内科
    
    ・精神科、
    
    ・内分泌内科、
    
    ・心療内科
    
    ・消化器内科

     これらの診療科目を受診した際の検査ですがどんな検査か
     というと、
  
     問診、血液検査、尿検査などの検査を受けます。
     
     ちなみに更年期障害が疑われる場合には
     問診、内診、超音波検査、血液検査などを受けますが、

     急性肝炎が疑われる場合には問診だけでなく他にも
     血液検査、尿検査、超音波検査に加え、X線、CT、
     肝生検などを実施する可能性がありますが、

     まずは病院で診察してもらった際ですがどんな
     検査を受けるかということについては医師に確認
     してみるということになります。


まとめ。

男性の疲れについてはその裏に病気の兆候も隠されているという
ことを今回自分もしりましたが、高々疲れだからといっても
決して侮れないことでありますが、

自分でも万が一のために備えて病院で一度検査を受けてみたいと
思っています。